日本ではまだまだマイナーな香港株ですが、中国はここ数年で7%から10%もの経済成長を遂げています。

経済成長を長期に渡って続ける国では、優良な企業による株式を見込むことができ、また、平均株価もそれに伴って上昇することになります。今、香港株が注目されている要因はこの点にあるのです。


株に関する基礎知識
株の仕組みについて 一体、株とはどのような仕組みで動いているものなのでしょう。
株式市場について 株の取引は各地の証券取引所を中心に行われます。
投資家について 株の取引は主に「個人投資家」、「機関投資家」、「外国人投資家」の三つに分かれます。
株のリスク 株は一種のギャンブル。当然リスクもつきものです。
投資によって得られるもの 株は情報の世界です。株を扱うからにはやはり現在の経済状態や政治などには詳しくならざるを得ません。
値上がり益と配当金 「値上がり益(キャピタルゲイン)」、「配当金(インカムゲイン)」についてです。
株主優待と株式分割 「株主優待」、「株式分割」についてです。
株の買い方 株を買うためには手始めに証券会社に自分の講座を設ける必要があります。
株の売り方 株を買ったら、今度は売る必要があります。
株にかかる税金 持ち株を売る際はもちろん、株の配当の際も税金が課せられます。
香港株について
H株の概要 H株というのは「ホンコン(HONG KONG)」の頭文字を取った香港株のことを言い、中国企業が香港に上場した時の銘柄を総称した呼び名です。
H株の背景 中国本土に株式市場が誕生するのとほぼ同時に、中国当局は国有企業改革の一環として優良な国有企業の海外市場への上場を奨励しました。
P株とは これは民間企業銘柄を指し、中国や香港などの現地ではP株といった言葉は使用されず、「民企」という言葉が用いられます。
香港の株式市場 中国への返還後、返還されたといっても香港は中国より実質的に海外と同様の扱いを受け続けていました。
中国株の種類 中国の株式市場は大きく分類すると、香港と上海、そして深圳の三つに分類することができます。
香港株と日本株の主な違い 中国株において外国人(日本人)投資家が買うことのできるものは、上海B株と深圳B株、香港株だけとなります。
香港株と日本株の取引上の相違点 日本株と中国株の取引において、もっとも大きな相違点となるのが手数料の問題でしょう。
香港株の魅力について
高度経済成長という背景 現在の中国、香港では物価が比較的安く、それと合わせて株価も安くなっています。
BRICsに見られる中国の経済発展 BRICsというのはそれぞれブラジル、ロシア、インド、中国の頭文字を取った言葉であり、これからの世界経済を担っていくと予想される国々の総称となっています。
世界的イベントを控えて 中国ではこれまで既に、2008年の北京オリンピックと2010年の上海万博など、世界的なイベントの開催が決定しています。
中国のマーケット 香港、特に中国となるとその最大の特徴はマーケットの広さです。
人民元の切り上げ 通貨バスケット制に基づいた変動相場制が採用されてから、2.1パーセントもの人民元の切り上げが実施されました。
中国の株価 一昔前と比較すると、中国は現在大きな経済発展の過程にあります。
香港株のリスクについて
経済から受ける株の影響 中国株のリスクの一つとしてはまず、未成熟な市場経済を挙げることができます。
システムの確立性の問題 社会的動向や情勢は、少なからず全体的な株価に影響を及ぼすことが考えられます。
情報量の問題 「情報量の少なさと不安定さ」というものがあります。
中国の市場規模 特に中国株におけるB株市場は規模が小さいために、株価が変動しやすいというあまり嬉しくない傾向にあります。
外国株というリスク 外国株を買うにあたっては、やはり日本株を買う際には考慮しなくても良いような問題が生じることもあります。
香港株を扱っている証券会社
イートレード証券 オンライン証券においてはナンバーワンの座数を誇り、モバイル版の使用感も良好だと評判になってます。
楽天証券 楽天証券には「マーケットスピード」と呼ばれる、現在の株価や板の状況、ロイターニュースなどの情報を随時得ることができます。
マネックス証券 あらゆるタイプの投資家のニーズに応えられる柔軟さが、マネックス証券の強みと言えるでしょう。
トレイダーズ証券 トレイダーズ証券は、中国株式とFXには強く、ユーザーの対応やサポートなどが充実しています。
松井証券 松井証券は、「ネットストック」と呼ばれる本格的なネット証券を以来、常々先駆的なシステムを導入し、業界を引っ張ってきました。
東洋証券 東洋証券では中国株に力を入れており、中国株の取引において非常に利便性の高いサービスを充実させています。
ユナイテッドワールド証券 ユナイテッドワールド証券は、中国株に特化したシステム作りを行っていて、低コストでの中国株の取引の実現が可能。
かざか証券 かざか証券の最大の特徴は、通称トレ・チケと呼ばれるアクティブトレーディング・チケットでしょう。
エイチエス証券 エイチエス証券は注目の主幹事銘柄の新規公開株をメインに取り扱っているため、新規公開株(IPO)に強い証券会社であると言うことができます。
オリックス証券 オリックス証券の最大の特徴は、何と言っても「どこでもトレーダーPro」と呼ばれる高性能な株式投資ツールでしょう。
オススメのサイト
外壁塗装の価格情報 外壁塗装の価格情報を調べたり悪徳業者の見分け方を掲載。